SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
幻の光 [DVD]
幻の光 [DVD] (JUGEMレビュー »)

江角マキコさん主演
輪島市がロケ地です。
RECOMMEND
ゼロの焦点(2枚組) [DVD]
ゼロの焦点(2枚組) [DVD] (JUGEMレビュー »)

広末涼子さん主演。
輪島市・志賀町・金沢市がロケ地
RECOMMEND
釣りバカ日誌 17 あとは能登なれハマとなれ! [DVD]
釣りバカ日誌 17 あとは能登なれハマとなれ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

西田敏行さん主演
輪島市・珠洲市がロケ地
Facebook輪島オートモビル
フェイスブックWAM公式ページへ
ピースツーリングin能登
ピースツーリングin能登
OTHERS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
石川県輪島市 有限会社アクティブ社長 門前徹80キロのブログです
WAMノボリ完成

本日、輪島オートモビルミーティングのノボリが届きました。

16年間イベントを開催していたのに、なぜか今までノボリというものがありませんで。

これが初めて作ったノボリ。

WAMノボリ

連休前に出荷はされていたのですが、メーカーが配達日を連休明けに指定していたため本日到着となりました。

うちの会社、連休中も日曜日以外は営業してたのだが・・・・

とりあえず、仕上がりを確認するため会社の前に立てて見ました。

う〜んなかなか良い感じです。

ところで、おい、スタッフのみんな、ポスターが届いてますよ!!!

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| 輪島オートモビルミーティング | 14:18 | comments(0) | - |
出雲崎発動機運転会その3

4月29日に新潟県出雲崎 道の駅天領の里で開催された石油発動機運転会の続きです。

まずは私の発動機、クボタAHCです。

クボタAHC発動機

お隣は栃木県の愛好家さん、寝てます。

みんな朝早いんです。とくに県外の皆さんなど、深夜に出発したりしますので、お昼ころには眠くもなるし、帰りたくもなります。

この日もわたしの黒いAHCは軽快な音を奏でながらスムーズに回っている・・・・はずなのですが・・・・

これだけ多くの発動機が一斉に回っていると、自分の発動機の排気音は、残念ながらほとんど聞こえません。

諸先輩方いわく、とくにこのクボタのAHシリーズは排気音が静かなのだそうで。

私も運転会での披露にあたり、点火時期を若干遅らせるなどして、排気音をパンパンと若干弾け気味の大きな音にチューニングしてありますが、しかし・・・

御来場の皆さんは口々に、「静かに回ってますね〜」と。

私「一台だけで回してると、結構いい音出してるのが分かるんですけどねー」といった具合で。

そんなクボタのAHCですが、昔は本当に売れまくった機種のようで現存台数も比較的多く、この日も私の他に3台回っておりました。

まずは1台目こちら、

クボタAHC発動機

元の塗装が残っていてすごく綺麗に維持されています。

プッシュロッドやロッカーアーム、バルブスプリングなどの可動部が綺麗に磨かれています。

ここら辺、きれいに磨いて動きを見せたいところなのです。

つぎにこちら

クボタAHC発動機

鋼製の自作の台車に乗っています。台車には、これまた自作と思しき灯油タンクも設置されています。

さらにもう一台

クボタAHC発動機

こちらはフライホイールが大きく重たそうなものに換えられています。

フライホイールを重くして慣性を増やす目的と言えば、やはり低速で回すためでしょうか。

つづいてこちらはAHCの派生型、AHCDです。

クボタAHCD発動機

燃料タンクが上部についていますが、これは燃料だけでなくオイルタンクにもなっています。

そのため硝子オイラーは無くなり、クランクケース横にはオイルポンプが付いています。

最後に御先祖様、クボタAHLです。

クボタAHL発動機

こちらAHLのLはおそらくアルミボディですよという表示で。

塗装が剥けてアルミの地肌が見えています。

上部についているタンクは紛れもなく燃料専用のタンク。

上のAHCDと同様の形状ですがオイルタンク併用型ではありません。

なので硝子オイラーがシリンダ用とクランク用の2本とも装着されています。

希少なメーカーの発動機を見るのも面白いですが、

自分と同機種の発動機を比較するのも面白いわけで、

いつも触っているだけに、人様の整備の仕上げ具合が良く分かるのです。

しかし、みなさんあまり空気弁を使っているようには見えないのですが、なぜだろう???

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| 輪島オートモビルミーティング | 15:00 | comments(0) | - |
出雲崎発動機運転会その2

出雲崎の発動機運転会で、気になった発動機を少しばかり。

まずはこちら、

現在、私が修理している『かつらH3C』の2世代前の機種、

その名も『かつらH3A』

かつら発動機H3A

ひと目見るなり、「ん?」「どういうこと?」

まずキャブレターが綺麗なのは分かりますが、一体何のキャブレター?

それにマフラー。

これはもしかして・・・自作?

新潟県十日町のオーナーさんに尋ねたところ・・・

かつら発動機H3A

やはりキャブレターは他機種のものに換装してあり、それがなんとクボタAZのキャブレターなのだとか。

しかも「元々着いているキャブレターより回転制御も上手く出来て調子良いよ」とのこと。

こりゃまた上手く着いたもんだ。

でもやはり『かつら発動機』のこの手の機種は、キャブレターのニードルが固着して、煮ても焼いても外れないそうで。

私の『かつら』も全く同じ症状。

私もクボタAZのキャブレター探そうかな。

そしてマフラー

かつら発動機H3A

やはり自作したものだそうで。

しかも何か見た目もしっくりと納まっていて、純正品より出来が良いくらい。

完成度の高さに感心しました。

あと、本体下部のオイルホースが普通の水道ホースになっているのは、ネタなのだろうか?

次に、かつらはかつらでも、こちらのかつらは『S1』という機種。

かつら発動機S1

昨年、七尾のミーティングで同じ機種を見たことはあるのですが、動いているのを見るのはこれが初めて。

して、なんじゃこりゃ!このもうもうたる煙とアブラ?煤?

これはオイル上がりの症状なのだろうか?

それとも供給過多で未燃焼の燃料をマフラーから噴いているのだろうか?

ともかく判別不能!

こういう場合は、とりあえず硬めのオイルに換えて・・・

燃料も少なめに振ってみて・・・

これでどれほど改善するのか試してみたいところ。

まぁ他人様の発動機なので、如何とも仕様は無いが・・・気になる。

つづいてもうひとつ

アキツ発動機

これはY先生と同じ、アキツの2MCK。

と思いきや、銘板を良く見ると・・・『AMCK』

そうです。これはおそらくアキツ2MCKのアルミボディの機種。

AはアルミのAらしい。

アキツ石油発動機

しかし、これもけっこうアブラ噴いとるなぁ・・・

このアブラの痕跡、もしかして燃料の両ニードルから噴いとるんやろか?

あとマフラーの付け根か?

マフラーはともかく、ニードルのネジ山部分にグリースを塗りたくって締めつければ、

このアブラの噴出しは止まるんやろうか?

すごく気になるなぁ。

 

もう1回続きます。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| 輪島オートモビルミーティング | 16:22 | comments(0) | - |
今年のポスター完成

先ほど届きました。

輪島オートモビルミーティング2017のポスターです。

輪島オートモビル2017ポスター

あっ!この車は!

見覚えのある方も多いはず。

これからスタッフが「ポスター貼ってください」とお伺いしますので、その際は皆様なにとぞご協力お願いします。

なお今年も大量に(300枚)作りましたので、御希望の方には無料で差し上げます。

(有)アクティブまで取りに来てください。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| 輪島オートモビルミーティング | 11:50 | comments(0) | - |
新潟県出雲崎発動機運転会

29日土曜日は朝4時に、妻と発動機を載せて自宅を出発。

県境で夜明け

能越自動車道の県境PAで朝日を拝み。

途中のSAで朝食に時間が掛かったものの、8時50分に新潟県出雲崎町の『道の駅天領の里』に到着。

発動機運転会の会場は、道の駅のお向いの石油記念公園でした。

石油記念公園発動機運転会

この日は広園内に収まりきらず、駐車場にも発動機が並び、

天領の里発動機運転会

反対側も

出雲崎発動機運転会

主催者さんによると、発動機は90台集まったのだとか。

久しぶりに規模の大きな運転会に参加できました。

全国あちこちから愛好家の方々が集まっておりまして。

私の左隣は地元新潟県南魚沼の方、その隣が富山県発動機愛好会の皆さん。

そして右隣は栃木県日光の愛好家の方、その隣が新潟県十日町の方と。

富山県愛好会と発動機談義

私は初心者なので初めてお目に掛かりました。富山県発動機愛好会の会長さんと発動機談義。

栃木県の愛好家さんと発動機談義

栃木県は日光発動機の方と発動機談義。

そして会場にはGWということもあり、見学者多数。

発動機運転会の観客

10部ほど持って行って無料配布していた『石油発動機運転マニュアル』もお昼前には全て無くなり。

見学の皆さんに結構人気があったのだとか。

やはり興味を持っている爺ちゃんは多いようで。

そしてお昼になると何やら慌ただしく片付けが始まり・・・

気が付けば、県外の皆さんいつの間にか姿を消し、(早っ!)

富山の皆さんも片付け始めたので、それじゃ私も。

ということで、午後1時には撤収し、お向いの石油記念館を見学して、昼食にかつ丼を食べて帰路につきました。

上越までウロウロと下道を走り、富山県内で夕日を拝み。

夕日

富山市内で夕食を。

帰宅したのは午後10時半でした。

主催者の皆さん、会場で出会った皆さん、ありがとうございました。

いやぁ〜楽しいGWの一日でした。

当日参加していた発動機の写真は、また後で。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| 輪島オートモビルミーティング | 11:03 | comments(0) | - |
明日はどうする?

さ〜て、石油発動機運転マニュアルも配布用に10部ほど印刷したし、

石油発動機のトリセツ

明日はどうする?

新潟県の発動機運転会?

天気は?

マニュアルの改訂版(Ver2.0)を作るために、

色々な発動機を見学したり、ベテランの皆さんに教えを請いたいところだが・・・

とりあえず、妻と相談。

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| 輪島オートモビルミーティング | 12:06 | comments(0) | - |
発動機愛好会のノボリ完成

仕事が早いなぁ〜

こないだ発注したWAM発動機愛好会のノボリがもう届きましたよ。

輪島オートモビルミーティング発動機愛好会ノボリ完成

なかなか上出来や。

さて、これ持って何処へ行こう。

ちなみに今年は輪島オートモビルミーティングの両会場で、数台程度のミニ発動機運転会も開催します。

とは言っても、皆さんご存知のごとく会場が手狭なため、発動機だけというエントリー形態は想定しておりませんで。

そうだなぁ〜?『出店』というカタチなら大丈夫かな?

どうせ『出店』は無料だし。別にモノ売らんでも・・・

私が愛好家の皆さんのために『発動機愛好会』って出店スペースを確保しとくか。

それにしても両会場とも水はあるけどフォークリフトは無いし。

リフトの代わりに力士が数名居ると言えば居るが・・・

とは言え、おそらく他所の発動機運転会には居るはずの無い、ミニスカポリスやRQは今年もバッチリ準備しております。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| 輪島オートモビルミーティング | 15:39 | comments(0) | - |
WAMノボリ2種

先日作成したノボリが結構いい感じだったので、調子に乗って輪島オートモビルのノボリも発注しました。

今までテントやアーチは使っていましたけど、なぜかノボリは無かったんですよね。

デザインはこんな感じで20枚発注。

WAMノボリ

シンプルでしょ。

なんか目立つ色のものが立ってれば、それで良いんです。

イベントのノボリに書いてあることなんて誰も読みませんて。

で、別口で個人的にこういうのも3枚発注しました。

WAM発動機愛好会ノボリ

今年の発動機運転会はこれ持って参加します。

石川県内の発動機愛好家がもう少し増えないことには、

『石川県発動機愛好会』ってノボリ作れませんな。

もうデザインは出来とるんですがねぇ。

石川県発動機愛好会ノボリ

いつになったら作れるのやら・・・

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| 輪島オートモビルミーティング | 10:45 | comments(0) | - |
かつら発動機のドレンコック修理完了

外ではカエルの鳴き声が聞こえるし、ステテコに雪駄姿でも外で一服できるし。

もう春爛漫といった感じですよ。

そんな日曜日、羽咋市の神子原では旧車ミーティングが行われていたはずですが、私は家にいて相変わらずかつら発動機の修理を。

猫と発動機

けっこうカタチになってきたのでオイルを換えて、水を入れて、ガソリンも入れて回るかどうか試した見たのですが・・・

やはりキャブの掃除が今一つのようで、いっこうに起動しませんでした。

もしかして入れるガソリンの量が少なすぎたか?

それでも昨日は一つ大きな進展がありまして。

かつら発動機のドレンコック再生

固着してプライヤーでもびくともしなかったドレンコックが動くようになりました。

上の写真は閉じた姿

そして下が開いた姿

かつら発動機のドレンコック再生

ドレンコック下部の割りピンを引っこ抜いたところ、スプリング一式が外れまして。

下からドレンのコックを叩いたら、コックがポロッと外れたのです。

分解さえできれば直ったようなもの。後はきれいに磨いて組み立てれば復活!

プライヤーでもまわらなかったコックが指でも回せるようになりました。

いや危なかった。固着したままプライヤーであと一捻りしていれば、コックのつまみが金属疲労で折れるところでした。

で、現在かつらはこんな状況。

灯油タンクのコック周りは、何か適当なものを農機具屋さんに探してもらっています。

本日のかつら発動機

動かずとも展示だけならこのままでも・・・

でもなんとか、6月の輪島オートモビルには展示だけでなく動いている姿を見せたいところ。

このあと午後3時には町野方面へ走りまして。

近々オープンする町野の農家レストラン『能登日和』のオープニングセレモニーに呼ばれていたもので。

農家レストラン能登日和オープニングセレモニー

ホームページ用の写真など撮って、ちゃっかり御馳走になって帰ってきました。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| 輪島オートモビルミーティング | 10:24 | comments(0) | - |
会津から運転会の案内が

昨夜、一本松公園での花見を終えて帰ってみると、会津から発動機運転会の案内が届いておりました。

開催日は輪島オートモビルミーティングの翌週、6月11日。

いや、あの、会津で大規模な運転会が開催されるのは聞いてはおりましたが・・・

う〜ん、会津・・・遠いな・・・なんて思っておりまして。

そうしたらなんと、会津の発動機愛好会の方が輪島オートモビルミーティングに発動機持参で応募してくれておりまして。

しかもクルマは70年型のサニトラ!

これに発動機を積んで会津から参加されるとは!

ということは、私も「会津・・・遠いな・・」とか言っている場合では・・

しかも私の車など2002年型の、いわば最新型のサニーですし。

70年型サニトラと比べれば、高速道路なんて静かで快適、余裕で飛ばせますし。

ということで、実は既に会津のルートインに妻と二人で予約を入れてあります。

前日夜の懇親会とかは参加できませんが、観光がてら会津の運転会にお邪魔する予定です。

輪島オートモビルミーティングについては、今のところ発動機のみの参加枠は無いのですが、

発動機を参加車両に積んでくる皆さんのために、発動機を並べて運転できる区画は確保しておきます。

今のところ5〜6台は並びそうですが、これでも輪島でこれだけの数の発動機が並ぶのは初めて。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| 輪島オートモビルミーティング | 10:58 | comments(0) | - |
1/14PAGES >>