SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
幻の光 [DVD]
幻の光 [DVD] (JUGEMレビュー »)

江角マキコさん主演
輪島市がロケ地です。
RECOMMEND
ゼロの焦点(2枚組) [DVD]
ゼロの焦点(2枚組) [DVD] (JUGEMレビュー »)

広末涼子さん主演。
輪島市・志賀町・金沢市がロケ地
RECOMMEND
釣りバカ日誌 17 あとは能登なれハマとなれ! [DVD]
釣りバカ日誌 17 あとは能登なれハマとなれ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

西田敏行さん主演
輪島市・珠洲市がロケ地
Facebook輪島オートモビル
フェイスブックWAM公式ページへ
ピースツーリングin能登
ピースツーリングin能登
OTHERS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
石川県輪島市 有限会社アクティブ社長 門前徹80キロのブログです
白山ホワイトロード
日曜日に妻と白山ホワイトロードを走ってきました。
白山ホワイトロード
ひと足早く紅葉を見るためです。
いや、もう少しすれば家の周りの木々も紅葉するのですけど。
白山ホワイトロード
この白山ホワイトロードですが、たしか昨年までは『白山スーパー林道』という名前でして。
以前、入り口料金所まで来たことはあるのですが、なにしろ片道3300円という高額に恐れをなし、Uターンして帰ってきたのです。
そのころは日本一高額な有料道路と言われていたそうです。
その白山スーパー林道が、どういうわけか白山ホワイトロードと改名し。
うれしいことに片道3300円の通行料が1600円に大幅値下げされまして。
「コレは行かねば」と紅葉の時期を待っていたのです。
白山ホワイトロード
標高1400メートルを超える地点まで上り岐阜県に入ります。
これだけ標高差があると、ふもとは紅葉していなくても途中どこかで紅葉がピークを迎えています。
そして今の時期ですと、標高の高いところはすでに紅葉も終り葉っぱが落ちています。
しかも標高の高いところは寒い!
ひと足早く冬になっています。
で、暖かい栗まんじゅうを買い食い。
白山ホワイトロードの栗まんじゅう
栗まんじゅうを買うのに結構な行列が出来ていました。
道の途中には猿もいました。
白山ホワイトロードの猿
ウチの周り(輪島市三井町)も、もうすぐ紅葉だな。



JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
| 休日 | 17:28 | comments(0) | - |
シルビアの錆取り補修
土曜日は妻が呑み会&実家にお泊りということで、
ずっと前から気になっていたシルビアのヘッドライト横の錆を補修することにしました。
はい、こんな具合に錆びています。
シルビア ヘッドライト横の錆
運転席側
シルビア ヘッドライト横の錆
助手席側
今までなんで放置していたかというと、
それはつまり1日では治しきらないと思っていたからに他なりません。
そこで妻がいない土曜日の夕方から作業を始めれば、日曜日の日が暮れる前には終ると思ったのです。
それにしても凄いサビ。
昔乗っていたミニでもこんなサビよく出てましたっけ。
外側からキレイに磨いていても、内側からサビがポコって膨らんできて。
こんな時、さびている部分を指で押すと、必ずボコって大きな穴が開きましたっけ。
とりあえずサビを落としてみました。
サビ取りの仕上げは、輪島オートモビルで出店していた平和バイオテクニカルさんのRSR。
こうなりました。
シルビア 錆落とし完了
驚いたことに穴はあきません。
ミニとは鉄板の材質が違うようです。すごいぞ!日産!!!
こうなれば、得意のインチキ塗装工の出番です。
塗装中
パテ埋め、ペーパー掛け、パテ埋め、ペーパー掛けを繰り返したのに、相変わらずイマイチの仕上がり。
で、夜も更け続きは日曜日に。
翌朝からさらにパテ埋め、ペーパー掛け。
そしてお昼過ぎには修理完了!!
修理完了
運転席側
修理完了
助手席側。
あんまりジロジロ見ないでください。
ぱっと見、全く気が付きません。
近寄って良く見ると、下手な仕上がりが・・・・
でも、まあこんなもんかな。少しづつ腕が上がっているようにも思えるし。

午後からは妻を実家へお迎えに行って、ついでに日曜大工も。
夕飯を食べてから中島町へ走り、虫送りを少しばかり見てきました。
温泉の手前の水路には、恒例のホタルの群れもおりました。




JUGEMテーマ:車/バイク
 
| 休日 | 14:52 | comments(0) | - |
金沢港にロゴスホープ号
昨日の日曜日は妻と、石川県立美術館で開催されている『日展』へ。
妻が前売券を買ってあったのです。
そして美術館へ向かう途中、金沢港に大きくもなく小さくもないフェリーを発見。
横を通り過ぎる際、妻が船名を確認すると・・・・LOGOSHOPE
えっ?ロゴスホープ号!!
そういえば数日前の新聞に出ておりました。
世界中を回っている船の本屋さんです。
調べてみると、日本に来るのは初めてなのだとか。
なんで金沢港にこんなものが!!
もしかして停泊料とか激安なのか?

それはともかく、妻がぜひ行って見たいというのでUターン。
港に着くと案内看板が。『一般公開は13:00から21:00です』と。
船に乗れるまで2時間以上あったので、先に日展へ。
そして午後3時半頃再び金沢港へ
金沢港にロゴスホープ号
じゃーん!後ろの船がロゴスホープ号です。
金沢港にロゴスホープ号
妻も。
乗船しようと船に近づくと、とんでもない光景が!
スゴイ行列に
すごい行列になっていました。
この船で売っている本て洋書なのに、なんでこんなに人がいるん??
しかも子供づれもけっこういる。
ぐるぐる行列につながって、ドイツ人の若者に受付してもらい、名前と住所を書いて乗船カードを貰いなんとか乗船。
船に入ると乗船料、お一人様100円を支払い、本の売り場へ。
そこはもう、一部の日本語コーナーを除き、ほぼ洋書しか置いていない本屋さんで。
しかもカゴを持って歩くのも困難なくらいの賑わい。
こんなに混雑した本屋さん、見たことがない。
で、本のジャンルはと言うと、児童書に辞書、料理本にガーデニングとなにやらお子さんとお母さんコーナーの充実が目立ちます。他には聖書とキリスト教関係の本も充実。
して、オジサン向けのコーナーは・・・・あまりそれらしい本が無く。
いや、無いわけでもなく、なんとかそれらしいコーナーを見つけ。
買ってきたのが『DIYで家を建てよう』てな本。
熱気と喧騒にくらくらしてきたので、さっさとレジを済ませたのですが、妻が執拗に本を物色していてなかなか出てきません。
結局1時間以上待って出てこないので、妻を捜しに再び本屋へ。
そこには本をたくさん抱えた妻が。
で、結局妻はこんなに買ってました。
ロゴスホープ号で妻が買ったもの
私の戦利品はと言うと・・・
私がロゴスホープ号で買ったもの
『HOW TO BUILD A HOUSE』というツーバイフォー住宅の建て方の本と、エコバック、ボールペンが2本。
気になる本のお値段ですが、
ロゴスホープ号の値札
特価400UNIT
本屋さんではすべて『¥』ではなく『UNIT』という単位で値札が貼られておりまして。
そしてあちこちに『100UNIT=300円です。』という貼り紙が。
この本は400UNITなので1200円です。
ちなみにエコバックは50UNITなので150円。
ボールペンが一本25UNITなので75円でした。
あと、スタッフの皆さんは55の国々から集まったボランティアの若者たちでして、日本人も5名いるのだとか。
もちろん日本語は通じないのですが、いずれのスタッフも皆親切で、フレンドリーなのが印象的でした。
次ぎはいつ日本に来るのか、それとももう来ないのか、全く分かりません。





JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

| 休日 | 13:20 | comments(0) | - |
恐怖の吊り橋
5月4日の日曜日、妻と毎年恒例の九谷茶碗まつりへ。
しかし、今年は臨時駐車場も満車で入れず。
会場近くまで行って駐車場を探すも、トンチンカンな誘導に惑わされ、どこの駐車場にも入れられず。
近辺をぐるぐる回っている間にだんだん嫌気が差してきまして。
「今年はヤメタ!」
ということで、あてもなく南に向かって車を走らせ。
そのうち加賀の山中をウロウロと走り出し、
石川県県民の森というところで昼寝をし、
杉の水という集落の蕎麦屋さんで蕎麦を食べ、
その先を走っていると・・・・・
あっ!これは怖そうな吊り橋発見!
吊り橋
ちょっと見てきました。
向こうからは登山姿で歩いてくる人たちがおりまして。
その中の一人のオバチャンに
「この橋、揺れる?」と尋ねたところ、「全然大丈夫!」と
思い切って渡ってみました。
ダム湖の眺め
吊り橋の中ほどからはダム湖の良い眺め。
妻は調子に乗って吊り橋の上でジャンプ。
吊り橋でジャンプ
高所恐怖症の私は、
吊り橋危険
「危ないから揺らさないで!!」
こんなんワイヤー通っているだけで、手すりにもならんし!
けっこう高いし!
歩ける幅の中心線からはみ出すことなく、恐る恐る対岸まで渡ってみると、そこには登山道の入り口が。
登山口
富士写ヶ岳登山道入り口だそうです。
山頂まで歩いて2時間50分くらいかかるのだとか。
そして反対側からの眺め
吊り橋の反対側
なかなか良い眺めですな。
でもこの時、橋のたもとの工事版を発見。
そこに書かれていたは、「昭和39年架橋」
ということは、すでに50年も経っとるじゃないか!
老朽化とか、ワイヤーの腐食とか、錆とか大丈夫なのか?
やっぱり危ないと思いましたよ。
こないだ、どこかの国でサーカスの人たちが落下して大騒ぎになったそうですが。
サーカスの人が落っこちるくらいですから、私が渡っている時に橋ごと落っこちたって、何ら不思議な事ではありません。

で、九谷茶碗まつりには夕方6時過ぎに再び会場へ。
そうしたら無事、駐車場に入れました。
妻は細かいものをあれこれと買い物しておりましたが、私は何にも。
その日はもう買い物する気力もございませんでした。

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
| 休日 | 10:34 | comments(0) | - |
ひゃくまんさん
石川県には県がつくったユルキャラ『ひゃくまんさん』というのがおりまして。
昨日、妻と県内の某ショッピングセンターに居たところ、偶然、見つけました。
ひゃくまんさん
ひゃくまんさんとツーショットの写真を撮ろうとショッピングセンター内には凄い行列が出来ておりました。
私と妻は列には並ばず、一緒に写真を撮っている人もろともパシャッと。
そうしているうち、ひゃくまんさんは妻のほうを向き・・・・
ひゃくまんさん
妻も正面から撮影。
いい記念になりました。
そしてひゃくまんさんから少し離れたところにこんな猫キャラも
猫の着ぐるみ
こちらは人気が無いのかツーショットの写真を撮る人もおらず、若干ふてくされ気味。



JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
| 休日 | 11:15 | comments(0) | - |
死にかけました
8月14日はお盆休みしまして。
帰省してきた弟と裏山の木を伐採していたのです。
なにしろ木が大きくなってきたら、日当たりも風通しも悪くなっていたもので。
かなり大きな木を切った後、そいつの枝が周りの木に引っ掛かって倒れませんで。
そいつにハシゴで登ってロープをかけて引っ張っていたわけです。
で、木が倒れたのですが私は逃げ遅れ、上を見上げた時には凄い勢いで倒れてくる木が。
バシーンと凄い衝撃を頭に受けて倒れ、
その瞬間、死んだと思いました。
ずっと昔から、悪い予感というか、現場で小型の重機が法面を転がってきて私の頭を直撃したり、
あるいは交通事故なのか、ともかく凄い衝撃を頭に受けて自分が倒れる光景が、ずっと脳裏にあり。
何時かは分からないけれども、きっと自分はこんな状況で死ぬのだろうと思っておりました。
頭を強打して倒れた瞬間、『あっ!コレだったのか!』と思いました。
幸い、太い幹の直撃はかわせたのか目が開き、意識は朦朧としていたのですが、頭が割れたように感じて、『ダメだこりゃ、救急車頼む・・・』と。
少しして動けるようになったので、救急隊員にこんな山の中まで来てもらうのは気の毒だと思い、頭から血を流しながら這いつくばって家の近くまで移動し、その後何とか自力で歩いて山を降りてきました。
私の頭蓋骨はよほど硬かったのか、肝心の頭は切れただけで済んでいるようで。
顔の血を拭いて病院まで車で送ってもらい、妻に付き添われてMRIとレントゲンを受け。
頭の中にも異常のないことを確認し、外科の先生に頭を6針縫ってもらい帰宅できました。
当然、その夜も翌日も一日安静にしておりまして。
結局、お盆休みは思わぬところで死にかけて、命拾いをしたわけですが。
『倒木で頭を打って・・』と連絡を受けた皆さんには、たいへんご心配をおかけしました。



JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
| 休日 | 16:22 | comments(0) | - |
『風立ちぬ』見てきました
日曜日、妻とジブリの新作『風立ちぬ』を見てきました。
なかなかいい映画でしたよ。
何というか、ジブリにしては珍しいオトナのストーリーでした。
恋愛モノというか。
それにしても誰だ?戦争モノだとか零戦の映画だとか言っていたのは!
私は零戦の開発ストーリーかと思っていたのですが、
結局、零戦の一つ手前の96式艦上戦闘機の試作が完成したところで終ってしまい。
最後のほうでほんの5秒ほど零戦が飛んでいく場面があっただけでした。
私的には零戦から国産旅客機YSまで期待していたのですが。
とはいえこの映画、登場人物は架空の皆さんですが、時代背景はとても忠実にできており。
最近の風潮を勘案して媚びる様なところが無い。
例えば主人公はじめ登場する成人男性が思いっきりヘビースモーカーなところ。
私は好感持てましたけど。
子供の教育上良くないと眉をひそめる皆さんもおいででしょうけど。
でも大丈夫。映画館の中はオトナの加齢臭で一杯でしたし。
実際のところ大正時代や昭和の初め、いやいや昭和の終わりまで普通の成人男性はタバコぐらい吸っていました。
それにね、この主人公の生きた時代、現代と違って不治の病もたくさんあって、病にかからなくても徴兵されて戦地に送られたり。
健康だとか環境だとかエコだとか、そんなもん考える余裕も無かったんでしょう、きっと。
これを今どきの価値観というか目線で修正したらなんかおかしくなりますわな。

お昼は妻にフレンチをおごってもらいました。
レストランオオタで
金沢市のレストランオオタです。
初めて行ったのですが、いい感じのお店でした。
そして夕飯は餃子の王将に。
こちらはもちろん私のリクエスト。


JUGEMテーマ:SF映画 一般
 
| 休日 | 13:58 | comments(0) | - |
油揚げを食べに福井県へ
日曜日は・・・・・・梅雨でした。
こんな雨降りの日曜日は家で野良仕事をする気にもならず。
妻と二人でお出掛けとなりました。
じつは前日夜から、「アレ食べに行く?」なんて企画しておりまして。
アレとは昨年『秘密のケンミンショー』で見て以来、一度食べに行かねばと思っていた油揚げ定食です。
それで朝8時半に出発、途中加賀市に入ったところで土砂降りの豪雨に遭遇。
視界も路面も悪い中、山中温泉を越えて福井県へ。
県境付近のトンネルを越えたところで青空が。
そして到着しました。レストラン谷口屋。
油揚げの谷口屋
着いたのが11時45分で、けっこう広い駐車場はすでに一杯。
何とかクルマをとめて中に入るとレストランの待ち時間が書いてありました。
『ただいま満席で、待ち時間45分になります』と。
ラッキーです!休日にもかかわらずたったの45分待ちなんて。
事前調査によると、平日でも2時間待ちは当り前なのだとか。
そそくさと名前を書いて待ち続けました。
私が名前を書いてすぐ、45分待ちが65分待ちに変わりまして。
レストランの待ち時間
ん?つまり私は45分なのか?それとも65分待ちなのか?
まあいいか。
店内にはこんな貼り紙も。
ケンミンショーでもおなじみ
こんな山の中のお店なのに、ひっきりなしにクルマが入ってきて、売店もすごい賑わいです。
売っている物も豆腐・油揚げに始まりお稲荷さん、コロッケ、ロールケーキ、シュークリームとか色々でして。どれも豆腐やおからが入っているらしく。
豆腐ってなんて拡張性が高いのだろうと感心することしきり。
私も待っている間にお土産用に油揚げを3枚購入しました。
順番待ちの名前を呼んでも現れないお客さんもいたりして、約35分くらいで席に着くことが出来ました。
オーダーして、そこから待つこと10分くらい。
ついに来ました!油揚げ一枚定食です。
ちなみに妻は油揚げが半分の定食にしました。
油揚げ一枚定食
う〜ん?テレビで見たのより小さい気もしますが・・・・・・。
実際の油揚げは、私の脳内イメージの2/3くらいの大きさでした。
やはりテレビでは、より大きく見えるように撮影していたのか?
それとも、みのもんたが本当はすんごい小さいオジサンなのか?
気を取り直し食べてみました。
ええ、なんとも想像どおり美味しかったです。
けっこうボリュームもありましたし、冷奴に油揚げの味噌汁に、野菜と油揚げの酢の物まで付いて。
豆腐三昧というか、油揚げ三昧というか。
でも良く考えたら・・・・・・・なんてヘルシーな定食なんだろう。
これはいわゆる『精進料理』なのです。
食べ終えてレストランを出ると、まだまだ並んで待っている人たちがおりまして、
看板の待ち時間は75分になっておりました。
また行きたいと思うのですが、今度は並ばなくても食べられるくらいに、ほとぼりが冷めてから行こうと思います。


JUGEMテーマ:グルメ
 
| 休日 | 14:16 | comments(2) | - |
天気が良いので毎年恒例の
天気が良いので毎年恒例の・・・・
と言ったら我家ではコレです。
畳干し2013
畳干しです。
2013年最初の畳干しは居間の畳8畳分。
この畳をですね、お日様のあたり具合を見ながら移動させるんですわ。
朝の9時から午後2時半まで外に出してしっかり乾燥させました。
おかげで今日は筋肉痛。
最近、家の中でダニだか南京虫だかに刺されて困っている人もいるそうですが、殺虫剤云々よりも基本的にはコレが必要でしょう。
毎年干していれば畳の裏もキレイになりますよ。
冬でも石の様に冷たくなったりしないし。

ところで昨日は中島町の出会いの虫送りに行ってきたのですが、
集合場所へ到着するのが遅くなってしまい、(すでに日が暮れていた)
妻とコースの途中で待っていたのです。
ところが待てど暮らせど松明の行列は現れず、笛や太鼓の音色も全く聞こえず・・・
しばらく蛍の群れを観察していたのですが、待ちくたびれて癒しの湯(温泉)へ向かいまして。
そこで受付の人に聞いたのです。
すると思いもかけない答えが!
「今日の虫送りは急きょ中止となったんです」
え?なんで?
「ちょっとボヤ騒ぎがありまして、それで中止することに・・・」
ボヤ騒ぎって?もしかして?道路わきの空き地の刈った草を野焼きしていたアレですか?と聞くと、やっぱりビンゴでした。
私たち夫婦が午後3時半くらいにクルマで七尾方面へ向かう途中、
毎年虫送りの解散場所になっている空き地からすごい勢いで煙が上がっていて。
刈った草を集めずにそのまま火をつけておりまして。
「大丈夫かな?」なんて二人で話しながら通り過ぎていたのです。
まさかアレが虫送り中止の原因になろうとは・・・・
そういうわけで昨年の『雨で中止』につづき二年連続虫送りに参加することはできませんでした。
懲りずに来年も行ってみるつもりです。


JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
| 休日 | 10:46 | comments(0) | - |
今年のゴールデンウィーク
遅ればせながら、今年のゴールデンウィークの話を。
5月5日の日曜日。朝早起きして妻と富山市へ。
富山市のちんちん電車
月初めの日曜日ということで、目的は護国神社の蚤の市。
富山護国神社のみの市
古本を覗いているとそこには吉川英治の『新書太閤記』全4巻が4巻ともそろっておりまして。
私、妻のお父さんからこの『新書太閤記』をお借りして読んでいたのですが、最後のほうが揃っておらず。小牧長久手の戦いの途中で停まっていたのです。
そこで本屋のおじさんに「最後の第4巻だけください」と。
そしたらおじさん、不思議な暗算の末、「1冊300円だけど全4巻揃えて500円にするから全部買ってよ」と。
もちろんオッケーって4巻とも買ったのですが、重たい荷物を持ち歩くことに。
他には電灯の傘をひとつ。1200円で買いました。
妻もあれこれと物色していたのですが、気に入ったものは無かったようで。
先月、富山県警にキップを切られたばかりなのでそそくさと富山県を退散。
県境の倶利伽羅峠へ向かいました。
倶利伽羅峠は源平の合戦でおなじみの古戦場でして。
いくらゴールデンウィークと言っても源平の古戦場なんか見に行くスキモノはそんなに居ないだろうと思っていたのですが、行ってみるとそこにはあふれんばかりのクルマ。
どうやらここは遅咲きの八重桜でお花見シーズン真っ最中だったようです。
同じ石川県に住んでいながら、こんなお花見スポットは全く知りませんでした。
倶利伽羅の八重桜
舞い散る花びらをキャッチして遊んでいると、後ろから近づいてきた車の人に笑われていたようです。
始めてきた倶利伽羅古戦場は案外面白いところがありまして、それはこの歴史国道。
歴史国道・昔の北陸道
昔の北陸道だそうです。
そしてこちらの道路には線がひかれており。
今県境・昔国境
ここが今で言う県境。昔で言う越中と加賀の国境のようです。
ここを境に富山県側は源氏の白旗が立っていて、石川県側には平家の赤い旗が立っています。
ボンボリもあちらは小矢部市観光協会、こちら側が津幡の観光ナントカ。
さらに倶利伽羅峠と言えば忘れてならないのがこちら
火牛の計
この日はバイクじゃなくて牛に
火牛の計
木曾義仲の火牛の計というやつです。

その後、もうひとつの目的地、九谷茶碗まつり2013の会場へ。
ここでも色々見て回ったのですが、私は欲しいものが全く無く。
けれど妻は今年も何点か買い求めておりまして。
こちらがその戦利品。
九谷茶碗まつり2013戦利品
ちなみに私の護国神社での戦利品
富山護国神社蚤の市の戦利品
灯具は前からホームセンターで買った部品を組み合わせ準備してあったので、
蚤の市で買って来たのは白いガラスの傘だけです。
古い傘がナカナカいい味出してるでしょ。



JUGEMテーマ:旅行
 
| 休日 | 15:59 | comments(0) | - |
<< 2/10PAGES >>